CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MEMO
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
開発の必要なし!販売管理システム等に最適なツール。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    フィールド業務管理クラウド『Tracking@JobトラッキングジョブVer.2.0』をリリース
    0
      フィールド業務管理クラウド
      ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

      フィールド業務管理クラウド『Tracking@JobトラッキングジョブVer.2.0』をリリース

      バージョン2.0で、IT活用における最後のブルーオーシャン
      『フィールドサービスマネジメント(FSM)市場』へ国産クラウドとして本格参入

      ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

      市場調査会社大手ITRの調べでは、フィールドサービスマネジメント市場は2015年度、
      約37億円の市場規模があり、2019年度には約58億円へと成長が予測されております。
      また、当該市場でのグローバル大手のサービスマックス社による市場調査では、
      潜在的なものを含めると、世界規模で2兆円の市場規模があり、日本市場でも
      約2,500億円の市場が存在していると予測しており、ブルーオーシャンとして大きな
      ポテンシャルがある市場となっております。

      これまでシステムを自社開発をせざるを得なかったり、自前のシステム環境の構築が
      必要だったりしたことで、投資に見合う効果を得ることが難しかった現状の課題を
      弊社クラウドサービス『Tracking@Job(トラッキングジョブ)バージョン2.0』を
      利用して頂くことで解消します。

      ■『Tracking@Job(トラッキングジョブ)』の特長は下記のような点です。

      ・スマホ、タブレットのモバイル利用で、現場担当者の夕方事務所に戻って作業と
      いうワークスタイルを変えます

      ・担当者全員の作業予定や完了報告をスケジュールカレンダーで把握しながら
      指示出しや完了報告の確認ができます

      ・現場で撮影した写真が一元管理され、会社に戻って整理する必要がありません

      ・各担当者の入退場を時間、GPS位置と共に記録し、稼働スタッフの居場所状況を
      地図上で把握できます

      GPS地図

      ・画像、動画、チャットで、管理者とスタッフ、スタッフ同士のコミュニケー
      ションを円滑にします


      ■バージョン2.0で実装された機能は下記の機能です。

      <管理システム側>

      スケジュールカレンダー

      1.担当別スケジュール週カレンダー
          <共通>
      ・上部メニューの管理者設定>ユーザー編集・削除にて各社員の並び順を
      変えることで、カレンダーの各社員の並び順を変えることができます
              ・担当者名欄のアイコンにより電話番号表示、メールフォーム遷移、日時
      カレンダーの表示ができ、メールは社員マスタに登録されている
      アドレス宛に送信できます(送信元はログインユーザ管理者のアドレス)
              ・カレンダー上の各ToDoをドラッグアンドドロップして実施予定日と
      作業担当者を自動変更できます

          1−1.全体タブ
      ・カレンダーから直接、ToDoの登録指示ができます
      −標準工程ToDoマスタから選んでToDo登録指示できます
      −マスタ登録していない作業は規定外ToDoとして登録指示できます
      ・未実施作業は濃い青色(日をまたぐToDoは青紫色)、実施済み作業は
      薄い青色になります
      実施済みで閾値超えアラートのある作業には!アイコンが表示されます

      1−2.未確認の作業報告タブ
      ・各作業の「報告内容確認チェックアイコン」を押して報告詳細(写真付き)
      を表示して結果を確認の上、、確認ボタンを押すと確認者(ログインユーザ)
      と確認日時を記録して確認済みのステータスとなり、その作業は画面上から
      消えます
              ・表示している週の前週、翌週に未確認の作業報告が残っている場合には、
      前<<と>>翌の部分に「未確認作業あり」の!アイコンが表示されます
      ・上部メニューの管理者設定>システム設定の作業報告確認で実施方法を選択
      できます
      −「作業報告のチェック機能は使わない」を選択
      →「未確認の作業報告」タブ自体が表示されません
      −「閾値超えの作業のみチェックする」を選択
      →閾値超えの作業報告のみ表示され、消込みできます
      −「すべての作業をチェックする」を選択
      →すべての作業報告が表示され、消込みできます
              ・チェック機能を使い始める際には過去に実施されたToDoが未確認状態となり
      ますので、カレンダーの最下部の『前週以前の全てのToDoを確認済みにする』
      ボタンを押して、過去のToDoをすべて確認済みにしたうえで使い始めること
      ができます。

      作業報告確認消込み

      1−3.遅延作業タブ
      ・期限を過ぎていて、まだ完了報告のない作業が表示されます
      ・表示している週の前週、翌週に遅延作業が存在している場合には、
      前<<と>>翌の部分に「遅延作業あり」の!アイコンが表示されます


      2.担当別スケジュール日カレンダー
      ・カレンダーから直接、ToDoの登録指示ができます
            ・上部メニューの管理者設定>システム設定の分間隔の設定によって
      スケジュールの分刻みが変わります
      ・上部メニューの管理者設定>システム設定の日時カレンダーの
      開始・終了時間でカレンダーで表示する時間帯を設定できます


      3.上部メニューの管理者設定>祝日・休日設定
      ・祝日データ数年分を取得してカレンダーに反映できます
      ・会社としての休日を登録してカレンダーに反映できます
      ・各担当者の休みを登録してカレンダーに反映できます
      (時間指定での休み登録も可能)


      4.規定外ToDoの指示と標準化
      ・週次カレンダーからマスターに登録されていないTODO(規定外ToDo)の
      登録指示ができ、その登録時「分類内容」項目にフリーテキスト入力
      できます
      ・登録された規定外ToDoの全ては、
      上部メニューの案件-ToDo登録>標準工程登録>ToDoマスタ編集・削除
      の規定外ToDoタブで上記「分類内容」毎にまとまって表示されます
      分類内容ごとに標準化を検討し、規定外ToDoをコピーして、
      大分類>小分類を設定の上、標準作業としてマスタ登録できます


      <Webアプリ側>  

      WebアプリTOP画面
      ・各自、今日を先頭に1週間分のスケジュールで自分の担当ToDoが
      表示され、その各ToDoからチェックリスト画面へ直接遷移できます
      (ToDoの色は管理システムカレンダーと同様)
      ・全体のToDo状況を確認する場合には、TOP上部メニュー「一覧表示」
      ボタンをタップして、従来の一覧メニューへ遷移できます
      ・開始日時・終了日時が指定されていない作業指示がある場合には、
      上部に「計画未入力あり(XX件)」が表示され、タップすると
      該当ToDoが表示されます
      ・終了日時をすぎて完了報告していない作業がある場合には、
      上部に「遅延作業あり(XX件)」が表示され、タップすると
      該当ToDoが表示されます

      ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★
      ■サービスサイト
         http://tjman.intermesse.co.jp
      ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

       
      | クラウドサービス | 16:14 | - | - | - |
      【現場が大きく変わる】無料オンライン解説動画視聴のご案内
      0
        スマートデバイス業務利用

        いつも、いつも、忙しい ”あなた” へ

        ■■■ 【現場が大きく変わる】無料オンライン解説のご案内 ■■■



        今日やろうと思っていたのに、現場の担当者とやり取りしているうちに何もできず、あっという間に1日が終わってしまったということはありませんか?

        日本の企業の競争力は、分厚い経営計画書の中や本社での会議室にあるのではなく、企業活動のオペレーション(現場)に埋め込まれています。

        「強い現場」とはどのような現場なのか?そこには何が必要なのか?

        15年間に渡る数多くのお客様と共に現場改善に取り組む中で気づいたこと、凝縮されたエッセンスを惜しみなく公開しています。


        強い現場づくりにチャレンジしたい方は下記のURLからご視聴ください。

        ↓↓↓

        https://www.intermesse.co.jp/kaizen/kaizen.html

        現場を変えていきましょう。あなたの現場が、みるみるうちに大きく変わっていきます。


        多店舗(チェーンストア)向けオペレーション改善アプリサイトへは下記から
        ↓↓↓

        http://tjcha.intermesse.co.jp
         
        | 業務改善 | 17:04 | comments(0) | - | - |
        新クラウドサービス:現場改善アプリ 【Tracking@Job】で、PDCAマネジメントを強化
        0
          業務改善コンサルタントの光本です。

          弊社は今年、創業15年目となりますが、これまで、多くの企業様へ「現場力の強化」をテーマに、マネジメント(PDCA)の面、そして、IT活用の面から継続的にご支援をして参りました。

          そして、これまでのご支援の中では、それぞれのお客様ごとにそれぞれの状況に応じて、その都度、エクセルプログラムを開発したり、Webシステムを構築したりといった実行支援も含めてコンサルティングを行なってきましたが、そうしたこれまでの現場改善やシステム導入に関して長年蓄積をしてきたノウハウやエッセンスを凝縮し、共通にご利用頂けるようにしてでクラウドサービスとしてご提供することに致しました。

          製品名(サービス名)は、
          << 現場改善アプリ:Tracking@Job >>
          です。
          Tracking@Job
          詳細は、
          商品サービスページ
          に説明を追加しましたので、是非ご覧頂ければと思います。


          多店舗(チェーンストア)向けオペレーション改善アプリサイトは下記から
          ↓↓↓
          http://tjcha.intermesse.co.jp

          いつでも、だれでも、どこでもを念頭に、「スマホ」、「タブレット」、「パソコン」でのご利用に対応しております。

          私どものコンサルティングサービスの根本にある一貫した考え方は、

          「強い企業は、強い現場を持っている」

          という、現場重視(現場本位)の考え方が根底にございます。

          特に、日本の企業の競争力は、分厚い経営計画書の中や本社での会議室にあるのではなく、企業活動のオペレーション(現場)に埋め込まれている。よって、現場起点から改善や改良ができない組織からは、なかなかイノベーションが生まれないというのが現実ではないか。

          そうした問題意識から、「経営(本部)と現場との距離感」そして、「現場組織のやり切る力やその熱量、実践知」を大事にし、それをビジネスに活かしていくPDCAマネジメントシステムをご提供することに致しました。

          現場改善の3つの柱は、

          「タスクマネジメント」 

          「コミュニケーション」

          「スタッフマネジメント」


          です。

          そして、このクラウドサービスが最も有効に働く業務領域は、

           (1)工程があって複雑な現場作業があり、

           (2)現地や作業現場(社外など)へ行く必要がある

          の両方に該当する領域(片方でも有効な業務領域となります)です。

          両方に該当する業務に対する導入の費用対効果は非常に大きいものになると思います。

          自社に、上記の2つのいずれかが思い当たる業務が存在しておりましたら、是非ご相談ください。
          「無料ご相談チケット(1回のみ)」によるヒアリング&デモ紹介を随時行っておりますので、お気軽にお声掛け頂ければと思います。

          ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

          百聞は一見にしかず
          デモ紹介をさせて頂きますので、まずはデモを見ながら、どのように現場改善に取り組んで
          行けばよいか、一緒にイメージを固めていきましょう。

          デモ紹介のお申込みは下記から
          ↓↓↓↓
          https://www.intermesse.co.jp/demo/demo.html

          ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
          | 業務改善 | 09:00 | comments(0) | - | - |
          クラウド型webデータベースの活用が普及期に入ってきた理由
          0
             
            こんにちは、業務改善コンサルタントの光本です。

             
            皆様の会社の業務システムは、どのようなプラットフォームに、どのような手法・形態で構築されていますか?
             
            従来ですと、
            ・過去のプログラム資産を活かしつつ、汎用機を継続して利用している
            ・パッケージソフト、ERPを導入して使っている
            ・スクラッチ(手組み)で、EXCEL、ACCESSやVBなどで開発したシステム(C/S)を使っている
            ・スクラッチ(手組み)で、Webシステムを開発して使っている
             
            ここ数年では、
            ・クラウド上で・・・・・・・・
            ・SaaSを月額利用料を払うことで・・・・・
             
            が、付け加わることが多くなってきました。
             
            上記のように、いろいろな形態がありますが、ITシステム構築において昔からある課題については、あまり解決できていないことが多いように思います。
             
            一つ目は、
            パッケージソフトやERPを低コストで導入するために、無理をして業務をパッケージの機能や仕様に合わせたが、現場では使いにくいということで、なかなか浸透、定着しなかった。
             
            二つ目は、逆に、
            業務に合わせてシステムを構築しようとしたが、要求したことが、きちんとシステム機能として実装されない、バグや不具合も多く、使えるシステムになるまで膨大なコストと時間がかかってしまった。
             
            この二つの課題について、正面から解決するために弊社が取り組んでいるのが、
            クラウド型Webデータベースを使った
            「持たない」「開発しない」というコンセプトでの業務システム構築です。
             

             
            クラウド型Webデータベースは、まず、パッケージソフトのように予め決められた業務機能は実装されていません。
            自社の業務に合わせて処理機能を実装していきます。
            また、実装にプログラムの知識もコーディングのスキルも必要ありません。
            業務上の要求事項を、一つ一つそのまま管理システムから設定していき、設定すると自動的に出来上がってくるシステムの挙動をその場で確認しながら進めることができます。
             
            財務会計、給与管理といった法令等に従って運用する、きめ細かな処理ロジックの塊のような業務システムは苦手ですが、販売管理、在庫管理、工程管理、人事管理といったデータベース管理、操作を基本とする業務システムならどのような業務領域でも対応でき、とても得意です。
            面白い使い方としては、複数のネットショップやリアル店舗の一元データ管理、分析に利用されているお客様もあります。
             
            最近、クラウド型webデータベースの活用が普及期に入ってきた感じがしています。
            特に、中小企業から中堅企業へと拡大、浸透をしております。
             
            理由としては、
             
            ・「クラウド」ということに抵抗感のない企業が急速に増えてきた。
             さらに、むしろクラウドを探しているという企業も増えてきた。
             
            ・自社の業務のやり方(処理や帳票、データ分析)や自社の業務の流れに合わせた
             ユーザが使いやすいシステムがほしいという根強いニーズがある。
             
            ・何よりもコストがかなり安い。
             
            があるように思います。
             
            また、技術面を理解しているユーザにとっては、下記のような副次的に享受できるメリットも大きなメリットかもしれません。
             
            ・正しく設定していきさえすれば、プラットフォームとして挙動が保障されるので、プログラムを一からコーディングするのに比べて、バグの発生や障害のリスクが大幅に低減できる。
             
            ・完成後の機能追加や将来的な拡張も、データベースの追加と設定の追加で既存の機能に影響を与えることなく安心して追加実装できる。
             
            今後、ますます、いろいろな領域で導入が進んで導入実績が蓄積されておりますので、クラウドwebデータベースの特長を活かした活用方法をどんどん、ご提案していくことができるのではないかと非常にワクワクしています。
             

             
            | - | 09:56 | comments(0) | - | - |
            住宅建築業におけるタブレット(iPad)の業務利用事例
            0
               
               
              今回は、弊社のお客様である住宅建築会社B社様において、住宅建築業界においては先進的ともいえる、独自アプリの開発によるスマートデバイス活用を開始されましたので、その内容をご紹介したいと思います。
               
              一般消費者にとって一生に一度の大きな買い物となる住宅建築では、数ヶ月に渡る施工期間において、きめ細かな双方向でのコミュニケーションをとりながら施主の安心、信頼してお任せ頂けるようにすることが非常に大事ですが、それを実現するには、やはり各担当社員がやるべきことをきちんと期限通りに実行することはもちろん、ミスやモレなく高品質なサービスや成果物を提供していく必要があります。
               
              こうした中、B社様では、第一に工程管理と品質管理の強化による顧客との強固な信頼関係構築を目的としつつ、さらには、スマートデバイスの活用によって業務効率化とワークスタイルの変革を同時に実現されました。
               
              <現状>
              ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
               
              <導入後>
               
              住宅建築業界では、施工管理者や営業担当が頻繁に現場におもむき、施工中の状況を把握する必要があり、一方で、施主と数ヶ月間という長い期間にわたって打合せを重ね、社外での業務も頻繁に発生することから比較的早い段階からスマートデバイスの導入検討がなされ、その有用性への認識は高かった業界です。
               
              しかしながら、大手でさえ、スマートデバイスで利用する独自アプリの開発は投資対効果が見えにくいという点で躊躇する場合も多く、紙のカタログを電子化して見せるといった簡易な利用や、一般に出回っている汎用的なアプリを利用するに留まっているところも多く、また中小の住宅建築会社においては、スマートデバイスそのものの導入もあまり進んでいないのが現状です。
               
              今回、B社様は、前述のような住宅建業界の現状の課題を解決し、顧客との強固な信頼関係を築きながら品質の高いサービス提供を実現するために、自社で独自仕様のアプリ開発を可能とする画期的なソリューションの導入を決断。
               
              その低コスト・短納期を実現するソリューションのメリットを最大限に生かし、工程管理・品質管理アプリを約2ヶ月間で構築。
               
              今後もさまざまな独自アプリの開発を推し進めながら、品質向上と業務効率化を推し進めていく計画です。
               
              企画設計から開発・テスト・バグ対応、そして機能追加や改修といったバージョンアップ対応に膨大な労力と時間がかかってしまうアプリ開発、そうしたスマートデバイス活用の普及を阻害している課題を解消したのが、弊社が提供している『excla(エクスクラ)(以下excla)』というサービスです。

               
              exclaは、クラウドサービスであり、プログラミングの知識は一切必要とせず、短期間でiOSやAndroid、Web上で稼働するアプリが一斉同時に作成できる『exclaアプリ制作プラットフォーム』(月額4万円〜)、
              iPadやiPhoneなどの端末やセキュリティ管理のための『exclaデバイス管理(MDM)』(端末1台あたり月額300円〜)などで構成されています。
               
              iOSやAndroid、Webのアプリが同時に作成できますので、今回のケースでも、外出の多い担当者はiPadで、内勤者は同じアプリ機能をパソコンのブラウザから利用されています。
               
              iPhoneやAndroidフォンなどのスマートフォン(スマホ)への対応しておりますので、スマートデバイスを導入したものの、いまひとつ活用しきれていない、、、、という社長の皆様、一度お気軽にご相談ください。
               

               
              | - | 20:07 | comments(0) | - | - |